スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
10円饅頭

まんじゅう1個10円、そんな看板の饅頭屋さんが東京、千葉などで流行っている。子供からお年寄りまで長い行列ができ、一人で30個~50個と買って帰る。


安さの秘密は一種類に絞り大量生産すること。そして、蒸す前の半製品を冷凍し、ロスをなくすこと。しかしながら、原価は45パーセントだそうです。1日平均1万~1万5千個売れる。


安くておいしいの結構なことですが、低価格路線はいかがなものでしょうか。他の饅頭屋さんを閉店に追い込むほか、自らも薄利多売のためスタッフの給与も上がらず大変ではないでしょうか。

スポンサーサイト
【2007/03/07 16:00 】 | グルメ 飲食 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<カレーのお供、薬味パート2 | ホーム | リンガーハット>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。