スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
カレーの薬味福神漬け

福神漬けはいつごろ日本に定着したのだろうか。定説なのは日本郵船の食堂という説。ヨーロッパらの帰りの航路の食堂でカレーと共に福神漬けがだされたのが始まりだとか。


ちなみに、福神漬けとは漬物の一種で、ダイコン、ナス、ナタマメ(鉈豆)、レンコン、キュウリ、シソの実、シイタケまたは白ゴマなどの7種の野菜類を細かく刻み、醤油と砂糖やみりんで作った調味液で漬けたもの。色々な野菜が入り、他のおかずいらずでお金がたまる、=家に七福神がやってきた幸福感=解釈から名付けられた。

スポンサーサイト
【2007/02/21 16:26 】 | グルメ 飲食 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<カレー専用醤油 | ホーム | 牛丼吉野家>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。